医師になるなら|医学部に合格するなら予備校に通おう

先生と生徒

医者になるには

勉強する学生

勉強をどのようにするか

近年の日本において、少子高齢化が非常に問題となってきている。高齢化が進むにつれ、病気や疾患の発生率も上昇する。それに対応するためには医者が必要である。医者になるには、人一倍の努力が必要となってくるが、それをどのようにするかも問題である。一般的には医学部に入学し、そこで勉強をするわけであるが、医学部に入るためにも勉強が必要である。そこで注目されているのが予備校である。医学部は高き壁と思われがちだが、予備校をうまく利用することによって合格率は上昇する。予備校の特徴はやはり医学部入学を希望する生徒へ医学部受験に精通した専門の予備校講師がつき、集中的な勉強ができるという点である。中には、1対1で勉強ができる所もあり、講師が学生の得意不得意、性格などを詳細に把握できるメリットがある。また、1日80分の授業を5コマ行う予備校が一般的であり、その授業量はかなり多い。そのため、受験のための時間を多く確保できる。他にも、面接対策や小論文対策も実施しているところがほとんどであったり、志望校別の傾向を把握し、対策を練っているところも非常に多い。中には、全寮制の予備校もあり、マンションなどでの一人暮らしよりも生活が楽になるため、勉強に集中できるメリットもある。予備校の学費として、難関大学を目指す選抜コースと、それ以外の一般コースに分かれており、それぞれ100〜200万円程度と300〜600万円程度となっている。